旧車會のイベント開催の趣旨

旧車會のイベント開催の趣旨

旧車會のイベント開催の趣旨 旧車會のイベントの趣旨は、大人のためのツーリング同好会となっています。
主に1970年~1980年代後半に販売されたビンテージバイクを愛する大人によって構成されており、400cc~1000ccの排気量を有するバイクを改造して年に1回各地の旧車會会場に集っています。
大人数で持ち寄ったバイクに乗って一般道を走行するのが習わしですが、あくまでもツーリングを楽しむことに重きを置いているため、走行中は一般車両の迷惑になるような走行をしないという独自ルールを設けているのが特徴です。
全国計4か所でイベントを開催しますが、そのうちの関東・関西地域では走行は無しで改造して持ち寄ったビンテージバイクのお披露目のみとなっています。
いつまでも青春時代に購入したバイクを大切に乗る大人なライダーたちというスローガンを掲げた旧車會は、80年代のルックスを保ちつつ大人のマナーを嗜んだ紳士・淑女によって構成されている同好会です。

旧車會イベントの醍醐味はコールによる爆音にあり

旧車會イベントの醍醐味はコールによる爆音にあり 旧車會イベントでは単に自分がドレスアップしたバイクを見せ合うと言うものだけではありません。
その会場ならではの醍醐味の1つとして、コール大会が行われるのも大きな楽しみとなっています。
これはアクセルを空ぶかししながら様々な音階を表現し、場合によってはメロディーを演奏することでその場の雰囲気を盛り上げるものとなっているのが特徴です。
古くは街中で暴走族の輩が近隣の迷惑も考えず行っていたことが発端となっていますが、最近ではこれを1つのアトラクションとして取り入れ、十分に近隣等の迷惑にならない環境を整えながら行うことがポイントとなっています。
大きな爆音で様々なメロディーを演奏するテクニックはお互いの気持ちを高揚させるとともに、非常に有効なアトラクションとなっているため、旧車會のイベントでは頻繁に行われるようになっているのが実態です。
コールの音はバイクの車種によってもそれぞれ異なり、またその車種を上手に利用して様々なテクニックを見せるのもこの大会の重要なポイントとなっており、旧車會の中でも盛り上がりを見せることができるものとなっているのが特徴です。