旧車會のイベントについての情報が満載です!

旧車會のイベントが開催されているエリア

旧車會のイベントが開催されているエリア ビンテージバイクが一堂に会する旧車會イベントは、毎年7月に全国計4か所のエリアで開催されています。
関東エリアであれば東京都青梅市、関西は大阪市・九州は福岡県飯塚市と北九州市の4か所です。
このうちもっとも多い人数で集うのが関東エリアの旧車會イベントで、2日間の開催期間中は例年5万人ものライダーが全国各地から訪れるほどです。
関東と関西では集まったライダーたちによる一般道の走行もおこなわれ、会員でなくても沿道で見学することができます。
1970年前半から1980年代に掛けて製造されたビンテージ仕様のバイクを見ることができ、全参加者のうち半数は会員ではない方々です。
九州エリアでおこなわれる旧車會の集会では走行はなく、持ち寄ったバイクの展示のみとなるのが特徴です。
マフラーやシートを改造したマシンを見ることができ、この場でバイクパーツの販売もなされています。
旧車會では各エリアによって集会の趣旨が異なっているのも特徴に挙げられます。

旧車會のイベントは全国各地で開催されています

旧車會のイベントは全国各地で開催されています 旧車會は主に単車を中心に古き良きカスタマイズを再現したり、さらには当時暴走族と呼ばれていた特徴的な改造を再現するといったイベントを行っているものです。
当時は一般道を大きな爆音を立てながら走行していた、迷惑行為を行う集団として問題となっていましたが、ドレスアップの特異性やその独創的な改造の方法などがマニアの間では話題となっていたのも事実です。
旧車會は現代の様々な法律やルールに合わせてその状況をわきまえながら、古き良きこの時代を再現しようとする人々の集まりであり、全国各地で様々なイベントを開催しています。
その中でも関西エリアで行われるものは非常に多くの特徴的な車種が集まるため、全国各地からマニアが訪れる非常に大きなものとなっているのが実態です。
単にドレスアップを行うだけでなく、コールに代表される当時を再現するようなものも行われているため、懐かしく感じる人も少なくありません。
独創的なスタイルのバイクを目の前で見ることができるとあって現在でも非常に高い人気を誇るものとなっています。