旧車會のイベントについての情報が満載です!

当サイトは、気になる旧車會のイベントのアレコレが知りたい人に向けたものです。
同会への参加で気になる暴走族との違いについても解説されています。
また、会合が開催されているエリアもシーズンごとに分けて言及されます。
その次には集会帰りにおすすめのPA(パーキングエリア)も紹介されています。
勿論、この集会開催の趣旨に関しても、部外者にも分かるよう詳しく述べられているわけです。
さらに、集会に参加する際の注意事項についても解説されます。

気になる!旧車會のイベントのアレコレが知りたい!

気になる!旧車會のイベントのアレコレが知りたい! 旧車會は旧車と称される古いバイクを使うイベントです。
昔の暴走族風の改造を施し、コールやミュージックホーンを鳴らしながら集団走行するのが特徴です。
旧車會は未成年が主体の暴走族と異なり、平均年齢が高い成人が参加するのが一般てきです。
そのため、交通違反を伴う走行は基本的に行いません。
但し、コールやホーンなどは、大音量による迷惑行為になる傾向があります。
また旧車會に参加するバイクの殆どは、消音効果が小さい改造マフラーが装着されています。
その他、ナンバーが見えにくく調整されていたり、暴走族まがいの改造が施されるのも少なくありません。
旧車會のイベント情報に関する調べ方は、口コミや専用のSNSサイトで知ることができます。

旧車會のイベントに参加したい!?参加資格は?

旧車會のイベントに参加したい!?参加資格は? 旧車會はオートバイの中でも歴代モデルを専門にしている団体組織で、昭和の時代に人気を集めていたバイクを改造してツーリングや各種イベントで楽しめる団体です。
バイクの改造=違法などのイメージもありますが、公道を走行する際に違法に値するような改造ではなく、あくまでも交通ルールを守りオートバイを楽しむ、しかもそのバイクは昔人気を集めていたものばかりですから、当時20歳前後の人など懐かしさも感じられるのではないでしょうか。
また、バイクの改造=暴走族のイメージを持つ人も多いかと思われますが、旧車會の場合は信号無視をしないなど大人としてのルールを守りながら走りを楽しむ団体で、暴走族の場合は未成年者や無免許の人も多いわけですが旧車會は免許を持っている人だけなどからも、参加資格の基本は二輪の免許を持っていることです。
ヘルメットを着用することや信号が赤になれば停止する、左右の確認をしてから発信など交通マナーをしっかり守れることもイベントの参加資格に相当する部分です。
マフラーは消音機を取り外して爆音を上げるなどするのですが、一般道でこのようなマシーンで走行すれば周辺に住んでいる人に迷惑をかけますので、通常はサイレンサーを取り付けてツーリングを行う、サーキット場では改造バイクを使った様々なパフォーマンスが繰り広げられます。

旧車會に関する情報サイト

旧車會 イベント