旧車會のイベントについての情報が満載です!

当サイトは、気になる旧車會のイベントのアレコレが知りたい人に向けたものです。
同会への参加で気になる暴走族との違いについても解説されています。
また、会合が開催されているエリアもシーズンごとに分けて言及されます。
その次には集会帰りにおすすめのPA(パーキングエリア)も紹介されています。
勿論、この集会開催の趣旨に関しても、部外者にも分かるよう詳しく述べられているわけです。
さらに、集会に参加する際の注意事項についても解説されます。

気になる!旧車會のイベントのアレコレが知りたい!

気になる!旧車會のイベントのアレコレが知りたい! 旧車會は旧車と称される古いバイクを使うイベントです。
昔の暴走族風の改造を施し、コールやミュージックホーンを鳴らしながら集団走行するのが特徴です。
旧車會は未成年が主体の暴走族と異なり、平均年齢が高い成人が参加するのが一般てきです。
そのため、交通違反を伴う走行は基本的に行いません。
但し、コールやホーンなどは、大音量による迷惑行為になる傾向があります。
また旧車會に参加するバイクの殆どは、消音効果が小さい改造マフラーが装着されています。
その他、ナンバーが見えにくく調整されていたり、暴走族まがいの改造が施されるのも少なくありません。
旧車會のイベント情報に関する調べ方は、口コミや専用のSNSサイトで知ることができます。

旧車會のイベントに参加したい!?参加資格は?

旧車會のイベントに参加したい!?参加資格は? 旧車會はオートバイの中でも歴代モデルを専門にしている団体組織で、昭和の時代に人気を集めていたバイクを改造してツーリングや各種イベントで楽しめる団体です。
バイクの改造=違法などのイメージもありますが、公道を走行する際に違法に値するような改造ではなく、あくまでも交通ルールを守りオートバイを楽しむ、しかもそのバイクは昔人気を集めていたものばかりですから、当時20歳前後の人など懐かしさも感じられるのではないでしょうか。
また、バイクの改造=暴走族のイメージを持つ人も多いかと思われますが、旧車會の場合は信号無視をしないなど大人としてのルールを守りながら走りを楽しむ団体で、暴走族の場合は未成年者や無免許の人も多いわけですが旧車會は免許を持っている人だけなどからも、参加資格の基本は二輪の免許を持っていることです。
ヘルメットを着用することや信号が赤になれば停止する、左右の確認をしてから発信など交通マナーをしっかり守れることもイベントの参加資格に相当する部分です。
マフラーは消音機を取り外して爆音を上げるなどするのですが、一般道でこのようなマシーンで走行すれば周辺に住んでいる人に迷惑をかけますので、通常はサイレンサーを取り付けてツーリングを行う、サーキット場では改造バイクを使った様々なパフォーマンスが繰り広げられます。

旧車會のバイクで参加できるイベントについて

旧車會というサークルをご存知でしょうか。1980年に東京で結成されて以来、全国各地でバイクに関するイベントを実行してきました。
大型二輪車を愛する方々が参加をしており、年間20回以上もの回数でさまざまな催しを実施している団体です。ここで特にバイクに関する参加を呼び掛けており、会員はもちろんのこと飛び込み参加も可能です。
旧車會のメインイベントとなるのが、毎年11月11日に大阪・岸和田市で開催されている「イレブンドリイブ」で、国道26線を計400台以上もの台数で南下するものです。ハーレーからレーシングマシンまであり、たびたにニュースや新聞でもその様子を伝えているほどです。
全国から参加者が集いますが、ギャラリーだけでも2万人をこえているので大変な賑わいとなっています。
二輪を持っている方であればどなたでも参加ができるので、熟練ドライバーと一緒に長い歴史がある催しに参加をしているのも楽しいものでしょう。

旧車會のイベントに参加したら何が楽しいのか

バイクの旧車はコアなファンにとってはたまらない魅力であり、ハーレーとはまた違う盛り上がりを見せます。旧車會はどんな楽しみ方ができるのかというと、展示イベントを楽しむのと純粋に走ることの二種類になります。
展示は絶版になっているバイクやフルカスタムをしたものなどが陳列されて、仕上がりの良さに満足できるのではないでしょうか。
走るのはツーリング形式もありますが、サーキット場を借りて思い切り楽しむ方法もあります。マフラーの爆音も気にしないで走ることができるサーキットイベントは、全国で行われています。サーキットなら思い切りコールもできるので大会も行われています。
参加するなら全国のどこで行われているかインターネットで情報を調べる事ができるので、確認して参加するだけです。旧車會で魅惑的なコールができれば、それだけで注目の的になれるほど大事なテクニックです。
上手な人なら誰でも知っている音楽を見事に再現するので、それを見るだけでも感動します。

旧車會に関する情報サイト

旧車會 イベント